[にゃんこ大泥棒]にゃんこ大泥棒を遊んでみました

「にゃんこ大戦争」の開発元のPONOSから、「にゃんこ大泥棒」というゲームがリリースされました。また名前を似せた怪しいゲームかと思いましたが、偽物では無さそうです。15日現在で公式サイトに掲載されていないのが気になるところ。新しいゲームをリリースしたのなら、せめて、公式サイトくらいは派手に掲載して欲しいもんです。

このゲームがリリースされる事自体、私は全然知らなかったのですが、子供が「にゃんこ泥棒」を遊びたいというので、「にゃんこ泥棒」って何だ?と思って調べて気づいた次第です。

スポンサーリンク

「にゃんこ大泥棒」はどんなゲームか

このゲームは、ざっくり説明すると「罠が張り巡らされた城に忍び込んで、お宝を盗んでくる」のが目的です。途中で警備わんこに捕まったりして、3回盗むのに失敗すると負けです。操作はシンプルで、説明も分かりやすいから、最初のチュートリアルを良く読んでおけば、すぐに遊び方が分かります。

色々説明してくれるので、チュートリアルはじっくり読んでおいたほうが良いですね。

「にゃんこ大戦争」と同じく、操作するキャラクターを増やしていく事ができます。キャラクターは、ゲーム内で手に入るにゃんこチケットやネコカンで増やす事が出来ます。このネコを捕まえる画面が面白いので気に入りましたw。

多分、にゃんこ大戦争と同じで、「にゃんこチケット」を使って手に入るキャラクターは、基本キャラクター的な存在で、ネコカンやレアチケット使って手に入るキャラクターは、レア以上のキャラクターって事になるんじゃないかなと思います。違っていたらすいません。

それから、城から盗み出したお宝は、すぐに開けるのではなく、鍵を使って開きます。ランクの高い宝箱程、開けるのに使う鍵の数が変わるので、すぐに開けたい場合は、ネコカンを使います。

リリース記念セールもやってます。そんなに高くないのが良いですね。最近、10,000円くらいの課金ばかり出るゲームを遊んでいたので、少々課金にうんざりしていました。ちょっと新鮮です。流石PONOSさん。

スポンサーリンク

初日は数時間遊んでしまった

遊んでみると結構面白いんですよー。ちょっと遊ぶつもりが、最初は2時間くらい遊んでいたかもしれません。私と子供で1回ずつ課金しましたが、連休中は二人で楽しく遊べました。

「にゃんこ大泥棒」も「にゃんこ大戦争」と同じくらい長く遊べるゲームになってくれると良いですね。にゃんこレンジャーのようにならない事を期待します……。

0

コメント